副業

【週2で稼ぐ】プログラミングで副業する4つのおすすめの方法を紹介!

【週2で稼ぐ】プログラミングで副業する3つの方法

こんにちは洸です!今回はプログラミングスキルを活かした副業方法を紹介したいと思います。

こんな人向け

副業に興味がある

プログラミングを使って副業できる方法を知りたい

今後プログラミングで副業を検討している

副業が当たり前の時代に

2018年、厚生労働省が「モデル就業規則」を改正したことをきっかけに、副業が当たり前の時代が到来しました。
  
 
現在日本の人口は減少傾向にあり、比例して労働人口も減少しています。「年金が果たして貰えるのか?」「定年70歳になってしまうのか?」などなど、多くの人が将来に対する不安を抱えています。
 
 
さらに、2019年には老後2000万円問題が話題となりました。「働いていない高齢夫婦の収入から支出を引くと、30年間で2000万円が不足する」という内容です。
 
 
そんな暗い将来を見据えてか、副業に関心を持つ人が年々増えてきています。厚生労働省が発表したデータによると、現在およそ10%の人が本業とは別に副業を行なっています。

副業をしている人の割合

参考:労働政策審議会安全衛生分科会

プログラミングが副業に適している理由

プログラミングは、副業という働き方にとても適していて、すなわち最強の副業ツールです。
 
 
プログラミングはPC一つあればOKで、働く場所に依存しません。成果型の案件の場合は時間に依存しないので、海外を旅しながらノマドワークしたり、介護や子育てしながらの副業も可能です。
 
 
さらに、ITの著しい発展から深刻なエンジニア不足に陥っており、プログラミングを使う副業の案件数は増加傾向にあります。
 
 
下の図は経済産業省が発表したエンジニアの不足数に関する試算結果です。2025年には最大36万人、2030年には最大45万人のエンジニアが不足すると予想されています。

IT人材需給に関する調査

参考:経済産業省  IT 人材需給の試算結果

このような状況から、企業はエンジニアを確保するのが困難になっているため、正社員ではなく週1、週2という形の副業エンジニアを募集することで、人員の補充を図っています。
    
   
エンジニアは今後ますます不足していくので、エンジニアにとってさらに働きやすい環境や、優遇された制度、さらに平均賃金の上昇も期待されます。
 
 
このように、プログラミングは自由に時間と場所を選択でき、将来性の高いスキルを身につけることができるので、副業との組み合わせは抜群に良いのです。

プログラミングを副業にするメリット

上の章で解説した通り、エンジニアは需要が年々大きくなっているため、プログラミングで副業すると様々なメリットがあります。

将来食いっぱぐれないスキルが身に付く

まずは、将来食いっぱぐれないスキルを身につけることができます。
 
  
今後、人の仕事はAIに奪われると噂されていますが、エンジニアの仕事はそんなAIをプログラミングして作ることです。
 
 
つまり、いくら世の中に便利な機械やシステムができたとしても、それを作る能力があれば仕事は存在するということです。
  
  
あのひろゆきさんも、プログラミングは将来食いっぱぐれないと動画の中で仰っています。

参考:ひろゆき切り抜き集

スキル直結型の報酬

さらに、プログラミングはスキルが高ければ高いほど、貰える報酬は高くなります。
 

最初はもらえる報酬は少なく、単体テストや簡単なコーディングが業務内容です。しかし、徐々にスキルを身につけ開発経験が3年くらいになると、専門的なスキルが身についたと認められ、報酬は約2倍に跳ね上がります
 
 
こちらはレバテックが公開している、開発言語と経験年数に対する予想収入例です。開発1年未満で430000/月の収入が、3年〜5年になると700000/月まで膨れ上がります。

 スキル直結型の報酬

 

求められるスキルと報酬の額は比例します。

実際の案件画面

 

また、注目度が高かったり、人気のあるプログラミング言語だと同じ開発経験でも報酬の額は跳ね上がります。

同じ案件内容でも報酬は跳ね上がる

※参考:レバテック

このように、開発経験、扱うスキルの種類、レベルによって収入は変化します。エンジニアの種類によるプログラミング言語についての解説は、こちらの記事で紹介しています。

〇〇エンジニアになるにはどのプログラミング言語を学ぶべき?
おすすめどのプログラミング言語を学ぶべきか?エンジニアの種類ごとに解説!

「エンジニアになりたい!」「プログラミングできるようになりたい!」と思っても「じゃあ実際に何を勉強すればいいのか?」と疑問に思う人は多いのではないでしょうか?200種類以上あると言われているプログラミング言語の中から、エンジニアの種類ごとにおすすめのプログラミング言語を紹介したいと思います!

続きを見る

Webライター、せどり、宅配ドライバーなど副業にも様々な種類がありますが、自分のスキル・経歴が正確に評価されて報酬に繋がるプログラミングは、とても魅力的な仕事ではないかと思います。

プログラミングを副業にするデメリット

プログラミングを副業にするデメリットは基本的にはありません。しかし敢えて言うなら、稼働の高い現場が少なからず存在する事です。
 
 
「エンジニアはブラック」とよく噂されることがありますが、これは嘘であり本当です。実際は、現場によって全く異なります。
 
 
僕自身の経験を話すと、新入社員で入社した会社は超ブラックで、転職後の現場は毎日定時のホワイト企業でした。
 
 
生活を豊かにするはずの副業が原因でストレスフルになるのは本末転倒なので、ブラックな現場かどうかを見極めるために、面談の際は稼働が安定しているかどうかを必ず確認しましょう怪しい現場は必ず濁した回答をしてきます
 
 
また、エンジニア未経験の人だと、副業で稼ぎを得るまでの道のりが長いのがデメリットです。
 
 
メルカリでせどりをしたり、UberEatsで宅配をする場合は全くの未経験でも問題ないです。しかし、プログラミングは専門分野なので、一定ラインのスキルが必要であり、副業として企業から仕事を貰うには最低1年以上の開発経験は欲しいところです。

プログラミングは早めに始めたほうが良い

プログラミングは始めるなら早いに越したことはないです。
 
 
何故なら、年齢によってエンジニア転職や案件の獲得に制限があるからです。入塾するのに年齢制限があるプログラミングスクールもあります。
 
  
全ての業種に共通する事で、年齢が高いと成長幅が狭い、賃金が高い、人間関係がややこしくなる(年下上司、年上部下)などマイナスな印象を持たれてしまいます。
 
 
趣味でプログラミングしたり、自分でサービスを生み出す場合は年齢は関係ありませんが、仕事を獲得するという意味では、年齢とはしっかりと向き合わなければなりません。

おすすめ【4ステップ】プログラミングスクールで70万払ったカリキュラム内容

この記事はプログラミング未経験からWebエンジニアに転職、もしくはフリーランスを目指す人が対象です。これから紹介するカリキュラムは、実際にプログラミングスクールで6か月かけて行った内容(70万円)です。プログラミングスクールを検討している人は、スクール内でどんな内容・コースを行っているか気になるのではないでしょうか?

続きを見る

週2でプログラミング副業を行う4つの方法

それでは、週2でプログラミングを使って副業を行う方法を4つ紹介します。

週2に特化したエージェントを利用する

まずは、エージェントから案件を獲得する方法です。
  
  
エージェントは基本的に無料で、手厚いサポートを受けることができるので、担当者と会話しながら、自分に合った内容を探すことができます。
 
 
また、入場した現場にPMやプロフェッショナルがいると、新しい技術やテクニックを学ぶことができるので、エンジニアとしてレベルアップするには最適な方法です。
 
 
さらに、エージェントの担当者や取引先の営業と直接やりとりする機会があるので、仲良くなれば今後の案件獲得に繋がる人脈を築く事ができます。

プログラミング講師になる

次にプログラミング講師として副業する方法で、個人的におすすめの方法です。
 
 
おすすめの理由は、相手に教えることで自分の成長に繋がり、レッスン数を調整することで、好きな時間だけ副業に充てる事ができるからです。
 
  
また、プログラミングスクールに通う人の多くは、キャリアチェンジを目指している人なので、普段は働いてるているケースが多いです。
  
 
そうなると、平日の夜や休日にプログラミングレッスンの受講を希望するので、同じく働いている副業者と時間の相性が非常に良いです。
  
  
さらに、最近はコロナきっかけでオンラインレッスンが主流なので、場所を気にする必要はありません。そのため、本業が終わった後の隙間時間に自宅でささっと副業する事ができます。
  
  
スクールによってはスキル次第で時給が上がっていくのも魅力的です。
 
 
このように、プログラミング講師は副業との相性が良く、自分の成長の場にもなるのでおすすめの副業方法です。

おすすめプログラミング講師の副業募集サイト

ただし、人に教える立場であるので、もちろんスキルと実績が必要です。そのため、一定以上の開発経験がないと採用して貰えないケースが多いです。

ココナラを利用する

ココナラを利用すれば、自分の得意なことを、好きな金額と好きな形式で提供する事ができます。
 
 
ココナラとは、個人が自分のスキルを出品して利用者に購入してもらうオンラインマッチングサービスです。
  ココナラ
    
メルカリのスキルバージョンみたいなイメージで、HP制作、デザイン制作、悩み相談、占いなど、自分が得意なことをサービスとして出品します。そんなココナラを利用して、独自のプログラミングサービスを提供します。

 

ココナラで出品する

参考:ココナラ

金額や内容は自分で定めることができるので、プログラミングスキルが高い人は、1回の売り上げで数十万円〜を達成することが可能です。
 
 
また、ココナラでスキルを出品するのに開発経験は必要なく、お金のやり取りや請求書の仕組みが出来上がっているので、エンジニア未経験者や副業初心者にはおすすめです。
  
  
サービスの内容をプログラミング開発(例:HPを作る、業務効率化ツールを作るなど)にして実績を一定期間上げることができれば、それは立派な開発経験になるので、今後のエンジニア転職や案件獲得(副業・フリーランス)を、有利に進めることができます。

SNSを活用して募集する

最後にSNSを活用する方法です。TwitterやInstgramをセルフプロデュースして、仕事の依頼を募集します。SNSは場合によって閲覧数が桁違いになるため、多くの集客が見込める方法です。
 
 
既に、カメラマンやデザイナーなどのクリエイティブ職に就いている人は、SNSでよく仕事を募集かけていますね。
 
 
SNSの普及率は凄まじく、2021年の国内SNS利用者は7975万人ほどで、国民のおよそ60%以上がSNSを利用しています。下の図は、総務省が発表したSNS利用率の調査結果です。

情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

参考:令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

イケイケのITベンチャー企業の社長や、バリバリの営業マンが多く存在する20代はTwitterをおよそ80%、Instgramをおよそ70%の人が利用しています。管理職世代の50代でも30%の人がTwitterとInstgramを利用しています。
  
  
今や、多くの企業がSNSを媒体に広告を打ち出していて、個人もSNSを活用するべき時代です。
 
 
やり取りは全て自分自身で行う必要がありますが、多くの集客が見込めるプラス、マーケティング力などの専門的な知識が身に付くため、将来性に期待ができる方法です。

まとめ

以上になります。プログラミングで副業できるようになるには少し時間を要しますが、時間も場所も自由に選択できるプログラミングは、最強の副業ツールです
 
 
プログラミングは基本的に開発経験が必要ですが、開発経験がなくても、ココナラやSNSを使って副業の獲得へ是非チャレンジしてみてください。
 
 
また、こちらの記事では開発経験がない人向けに、エンジニア転職する方法を紹介しています。

未経験でエンジニア転職
おすすめ【お得】未経験からエンジニア転職したい!現役エンジニアが具体的な転職方法を紹介!

結論、未経験でもエンジニアになれます。エンジニアという職種は需要が非常に高く、難易度もそれほど高くないからです。この記事では未経験からエンジニアを目指す方法を3つ紹介します。・ポートフォリオを作成して転職活動を行う・エンジニアの知り合いを作り、案件を紹介してもらう・プログラミングスクールに通って企業を紹介してもらう

続きを見る

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

-副業
-,

© 2022 まいふぁんず