Go言語

【Go言語入門】外部パッケージを使って設定ファイルを読み込む【第1回】

【Go言語入門】外部パッケージを使って設定ファイルを読み込む【第1回】

こんにちは、洸です!この度、1回15分でGo言語を学習できるチュートリアルを用意しました。
 
 
第1回目はパッケージ管理ツールを導入して、外部パッケージを使って設定ファイルの読み込み行いたいと思います。

Go言語とは
おすすめ【簡単解説】Go言語とは?Go言語でできることやメリットを一挙紹介!

こんにちは!近年、多くのプログラミング言語の中で「稼げる言語」として人気が爆発しているのは、Googleが開発したGo言語です。この記事では、Go言語でできること、実用例、メリット・デメリットなどを、簡単かつ具体的に紹介していきます。これからGo言語を学びたいという人は、最後まで目を通してみてください。

続きを見る

インストール

こちらの記事でGoのインストール方法とVSCodeの設定方法を詳しく解説しています。VSCodeのターミナルに「Hello World」が表示されたら、準備完了です。

作者の開発環境

Go version:1.17

OS:mac OS Big Sur 11.6

IDE:Visual Studio Code(VSCode ) 1.63.0

ディレクトリ構成

以下のようなディレクトリ構成で進めていきます。カレントディレクトリはkoTutorialに設定します。

パッケージ管理ツールを導入する

パッケージ管理ツールを導入する

Go言語では機能やオブジェクト毎にパッケージ化を行い、そのパッケージをインポートしてプログラムを記述します。

そのパッケージ達を上手に管理してくれるのがGo Moduleです。
 
  
go.modというファイルに使用するパッケージとバージョンが記録されていて、プログラムはgo.modを使ってパッケージの参照を行います。go.modを作成するには以下のコマンドを実行します。

成功するとカレントディレクトリにgo.modが作成されます。

こちらがファイルの中身です。基本的に直接編集はせず、パッケージをダウンロードすると自動でパッケージが追加されていきます

ちなみに、fmtは標準パッケージと呼ばれ、Goをインストールした時に同時にインストールされています。標準パッケージはgo.modには追記されず、サードーパーティパッケージ(githubなどで第三者が公開している外部のパッケージ)が追記されます。

パッケージをインストールしてみる

パッケージをインストールしてみる

それでは、サードパーティパッケージをインストールしていきます。今回使うパッケージはgopkg.in/ini.v1で、簡単に設定ファイル(.ini)を読み込めるパッケージです。以下のコマンドを実行します。

go get: added・・と表示されればでインストール完了です。

先ほど作成したgo.modの中身を確認すると、gopkg.in/ini.v1が追記されています。

また、go.sumというファイルが自動で作成されます。go.sumはモジュールのチェックサム(データの信頼性をチェック)用のファイルなので、特に意識する必要はありません。

パッケージを使ってみる

パッケージを使ってみる

インストールしたgopkg.in/ini.v1を使ってみましょう。まずは、.ini形式の設定ファイルを用意します。

次にmain.goを以下のように記述し、ソースコードを保存します。

go.modが正しく機能していると、自動でimport文が追記されます。

パッケージ内のファンクションを使うには、パッケージ名.ファンクション名とします。ここでは、ini.Load("setting.ini")が例です。引数にファイルパスを指定し、設定ファイルの読み込みを行います。
   
  
ファイルパスを間違えたり、何らかの不具合で処理が失敗すると、変数「err」にerror型のオブジェクトが代入され、「fmt.Println(err)」でエラー内容が表示されます。「nil」はという意味です。「err」が空だとLoad()の処理は成功し、「fmt.Println(err)」の処理は実行されません。
 
 
次に、読み込んだファイルからSectionとKeyを指定して、文字列形式で値を取得します。成功すると設定ファイルに記述したサイト名が表示されます。
 
 
それではプログラムを実行してみます。Goプログラムの実行はgo runコマンドを使用します。

成功するとサイト名が表示されます。

第2回へ

いかがだったでしょうか?Goはこのようにパッケージをインポートしてプログラムを作成します。もちろんパッケージを自作することも可能です。
 
 
第2回では、MySQLとDBを操作するパッケージを使って、CRUD操作を行いたいと思います。

第2回【GO言語入門】GORMを使ってMySQLを操作してみる【第2回】

15分で学習するGo言語チュートリアルの第2回です。第2回目はGORMを使ってMySQLをCRUD操作(Create、Read、Update、Delete)をしていきたいと思います。  GORMを使えばSQLを直接記述せずに、簡単に関係データベース(RDS)を操作することができます。

続きを見る

お疲れ様でした!Goでゲームを作成した記事はこちら

【第1回】Go言語でゲーム作成してみた
おすすめ【第1回】Go言語(ゲームエンジン:engo)でゲームを作成してみた

こんにちは!近年、多くのプログラミング言語の中で「稼げる言語」として人気が爆発しているのは、Googleが開発したGo言語です。本記事では、2Dゲームエンジンのengoを使用してゲームを作成していきます。プログラミング初心者の方でも分かりやすいように、ソースコードの説明もしっかり行いたいと思います。

続きを見る

-Go言語
-

© 2022 まいふぁんず